Service & Solution
サービス&ソリューション
HOMEサービス&ソリューション > インターネット広告
インターネット広告
インターネット広告
Webマーケティングで集客の最も重要な手段はネット広告です。主として次の2種類に大別されます。
リスティング広告
ディスプレイ
リスティングの広告料金は、広告主が上限単価(=入札単価)を設定するクリック課金型が大半です。一方、ディスプレイの料金体系はおおよそ次の2つです。
クリック回数あたりの課金。
広告主が入札単価を設定。
表示回数あたりの課金。
広告主が入札単価を設定。
表示回数での課金はここ数年で登場したDSPを使い、*RTBで広告枠の買い付けを行なうというものです。

*RTB=Real Time Bidding、リアルタイム入札の意味
ヴィクシアの強み
運用によって費用対効果を最大化することが可能な「リスティング」と、「クリック課金型のディスプレイ」に強みがあります。

入札単価を中心とする入札戦略に強み

リスティングでは「キーワード」ごとに、クリック課金型のディスプレイでは「枠の属性」や「閲覧者の情報(=入札単位)」にもとづいて、上限のクリック単価を調整することができます。ヴィクシアではこの入札単位ごとにコンバージョン率を計測し、入札単位ごとに入札金額を最適化することで費用対効果を最大化する強みを持っています。

Eコマースを中心としたダイレクトマーケティングに強み

Eコマースではクリックあたりの料金、1円~5円というわずかな違いが費用対効果に大きく影響します。ヴィクシアはこれまでEコマースを中心としたダイレクトマーケティングを行なう企業様と数多くお取引をしており、日頃の業務を通じて業界に特有の年間サイクルを始めとした深い顧客理解を蓄積してきました。これらは日々の作業においても運用上の大きな強みになっています。
また、最近では検索結果画面に、関連する商品を掲載する「ショッピングキャンペーン」はそのトラフィック量が多くなってきていますが、先に述べたような強みを活かして、商品情報に登録する詳細情報の最適化も得意とするところです。
ヴィクシアのネット広告サービスの特徴
入札手法で高い技術力を持つ米Adobe社の自動入札最適化ツールAdobe MediaManagerを採用。
2006年の同ツール日本初導入時から現在まで、日々蓄積される経験を元に、高い実績を上げています。

対象業種

金融、通信、旅、教育、総合通販、メーカー通販、人材、小売、自動車、不動産

関連するソリューション

ネット広告で店舗集客

ご相談・お問い合わせ

資料請求、導入のご相談など、お気軽にお問い合わせください。
ヴィクシアの集客メニュー
カスタマージャーニー
インターネット広告
リスティング広告
Adobe Media Manager
ショッピングキャンペーン
リターゲティング
ネット広告で店舗集客