Recruit
人材採用
HOME人材採用社員の声 > 事業開発担当
社員の声
仕事内容からオフィス周りの楽しみまで社員が語ります
事業開発担当
2013年入社

更なる価値の創出に全力を注ぐ

転職先にヴィクシアを選んだのはなぜですか?

インターネット広告の仕組みや運用に興味がありこの業界への転職を考えていました。中でもヴィクシアは、
「広告運用パフォーマンスの改善実績と知見」
「人的稼働(マニュアル)と自動運用ツール(オート)を融合させた効率的な業務が出来る環境」
を持っていたため、そこに惹かれて入社を決意しました。

入社後のギャップは何かありましたか?

業務に追われてヒーヒー言いながらの運用では、クライアントのパフォーマンスにも悪影響を及ぼすと考えていました。一方ヴィクシアは残業が少なく、運用改善や施策提案の時間を多めに確保できると聞いており、その点でのギャップはほぼありませんでした。また、大企業ではないので個人裁量の範囲が広いなと感じることはありました。人にもよるかと思いますが、私としては色々と動きやすいので良い意味でのギャップと感じています。

今どんな仕事を手がけていますか?

WEB広告運用/提案業務と並行して、現在は広告運用と数値検証の経験を生かしつつクライアントWEBサイトの分析改善サービス事業を推進しています。具体的にはGoogleAnalytics等のサイト解析ツールを使い、実績を元にサイト内に潜む課題を発掘した上で、各種対策の提案を行っています。

どのようなときにやりがいを感じますか?

コストとそれに対する結果が数値で返ってくるためシビアな反面、明確に数値改善してコストの何倍もの利益をもたらすことが出来た時にはやりがいを感じます。広告運用は労働量が利益に比例するわけではない業務だからこそ、十分に考えて効果的な施策を取ることが重要であり、ある意味将棋のように、緻密な戦略的側面を持っていると感じることがよくあります。また、クライアントとの打合せの中で、先方に新たな気付きを与えられたり、提案が響いて実際の案件受注に結びついた時などにも大きなやりがいを感じます。

どんな方に入社してほしいですか?

受け身のYESマンではなく、自らエンジンとなって物事を進めることが出来る人だと活躍の場は大きく広がります。目的から物事を考え、クライアントの利益のために、時にはクライアントに対して、根拠と代替案を持って異を唱えられるような方だと頼もしいですね。また、インターネット広告に対する好奇心を持っていると楽しく働くことができると思います。

ヴィクシアに応募する方へメッセージをお願いします。

日々新しい情報が目まぐるしく変化しますが、だからこそ飽きない面白味があるのがインターネット広告業界だと感じています。お互い切磋琢磨しながら一緒に頑張りましょう!
人材採用
ただいまヴィクシアでは、一緒に働く仲間を募集中!