about VIXIA
ヴィクシアについて
HOMEヴィクシアについて > コンプライアンスポリシー
コンプライアンスポリシー
ヴィクシアは、全てのビジネスの基本は信頼に応えることであり、その第一歩がコンプライアンスの確立であると考えています。私たちは真に社会から信頼され必要とされる企業となるために、全社員にコンプライアンス意識を徹底させるとともに、未来の社会を作り上げる一員であることを認識し、公正な業務を続けていくための取り組みを行ないます。

1.全役職員に対し、「株式会社ヴィクシア役職員行動規範」の遵守を求めます。
2.チーフ・コンプライアンス・オフィサーを中心に、コンプライアンス体制の整備、及びその有効性の維持・向上に努めます。
3.コンプライアンス意識を徹底・向上させるために、出来る限り多くの機会を捉えて、あらゆる職務の役職員を対象とするコンプライアンス研修を整備・充実します。
4.コンプライアンスに関する報告・相談ルートを社外弁護士及び第三者機関のものも含め、複数設置します。
5.コンプライアンス違反に対しては、規則に基づき厳正に対処します。
コンプライアンスに対する取り組み

コンプライアンスに対する基本的な考え方

ヴィクシアは、全てのビジネスの基本は信頼に応えることであり、その第一歩がコンプライアンスの確立であると考えています。私たちは真に社会から信頼され必要とされる企業となるために、全社員にコンプライアンス意識を徹底させるとともに、未来の社会を作り上げる一員であることを認識し、公正な業務を続けていくための取り組みを行なっています。

コンプライアンス推進体制

ヴィクシアでは、チーフ・コンプライアンス・オフィサーの指揮・監督の下、コンプライアンス担当部門が中心となり、コンプライアンス意識の徹底、コンプライアンス体制の整備・強化、コンプライアンス関連案件の対応を行なっています。
また、コンプライアンス関連全般についての協議を行う場として、コンプライアンス委員会を設置し、当社における様々な問題について話し合い、継続的改善を実施しています。

内部通報制度

コンプライアンスの本質は風通しの良い職場環境作りと円滑なコミュニケーションだと考えます。万一、問題が発生した場合には、直ちに上司または関係者に報告・相談し、迅速・適切な処置を施す必要があるからです。

一方で、職制ラインを経ない報告・相談ルートの設置も、コンプライアンスに対する透明性の確保には重要だと考えています。当社は、職制ラインおよび職制外の報告・相談ルートとして、社外弁護士や第三者機関(匿名可)を含めた4つのルートを設置しています。

役職員行動規範

ヴィクシア役職員行動規範は、法令遵守と企業倫理の観点から、企業としての社会的責任を果たし、ステークホルダーの信頼を得るために、社員一人ひとりが日常の業務や活動においてどう行動すべきかについて、規範として具体的に定めたものです。当社は全役職員に本規範を周知徹底し、企業人としてあるべき行動を社会に約束します。

コンプライアンス教育

コンプライアンスの意識・知識両面での浸透を図るため、コンプライアンスガイドブックに基づく研修を全役職員に対して実施しています。新入社員研修時に当社のコンプライアンスの考え方を教育するのは勿論のこと、定期的に様々な方法で研修を行い、会社全体のコンプライ アンスレベルを向上する施策を行なっています。

情報セキュリティ

ヴィクシアは、その業務内容から、お客様の機密情報をお預かりする必要が発生するため、情報セキュリティ確保がコンプライアンス実現のための重要な要素だと考えています。当社は、会社設立準備段階から情報セキュリティマネジメント規格であるISMSを導入し、更に同規格が国際規格 ISO/IEC27001に発展してからも、認証取得を続けています。
派遣法に基づく情報公開のご案内
労働者派遣法第23条第5項に基づき、事業所ごとの派遣労働者の数等の労働者派遣事業に係る情報の提供を行なっております。ご希望の方は、以下のメールアドレスまでご請求ください。

※提供情報はメール受信後、送信元のメールアドレスにお送りいたします。
※PDFファイルが受信可能なメールアドレスでご請求ください。

請求先